インドールやスカトールが原因

| トラックバック(0)

日本人は「低酸症」で、胃酸の分泌の弱い人が多いです。

胃酸の分泌が弱いのに

動物性タンパク質を食べすぎると、

胃で十分に分解されずに腸に行きます。

腸でタンパク質は悪玉菌のエサになるので

腸内環境が乱れやすくなります。

あなたやご家族は、おならや便が臭くないですか?

これは、動物性タンパク質の摂りすぎで

悪玉菌が増えたせいで発生した

インドールやスカトールが原因です。

おなら体質改善プログラムG-STOPマニュアルの効果と口コミをチェック

また未消化のタンパク質は

腸でも消化されにくく、

腸の穴から漏れて体内に入っていき、

免疫や細胞同士の連絡を混乱させます。

 

そのために、アレルギーや

更に深刻な自己免疫疾患などを起こします。

 

この他にも動物性タンパク質の摂り過ぎは、

 

痛風、骨祖そう症、

肝臓や腎臓の機能の低下、

排卵機能障害、不妊、

がん、糖尿病など

多くの病気の原因になります。

 

反対に

タンパク質が少なすぎても、

貧血やホルモンバランスを崩すだけでなく

様々な害が出ます。

 

 

ですから、

タンパク質は極端に

多すぎず少なすぎず、

必要な量を摂ることが大切です。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、inforeが2019年3月25日 19:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハンドルハンドルぴゅらピュア」です。

次のブログ記事は「ダイエットは簡単にはいかない。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30